腸内環境が悪くなる原因を改善する改善方法とは?

私達の腸に住んでいる細菌の種類と数は、100〜300種、約1000兆個と言われています。そして、そこには善玉菌、悪玉菌、日和見菌と呼ばれる3種類の菌が共存しています。ビフィズス菌などの善玉菌は、便通を良くし、栄養の吸収率を高め、免疫力を高めますが、ブドウ球菌などの悪玉菌は、有害物質を作り出し、免疫力を低下させます。

 

日和見菌は、善玉菌でも悪玉菌でもありませんが、腸内で一番多く存在し、腸内環境によって善玉菌にも悪玉菌にもなります。腸内環境とは、腸の中でこれらの細菌のバランスがどのようになっているのかを示す言葉です。腸内環境が良ければ善玉菌が多く、悪ければ悪玉菌が多いと言えます。

 

理想的な状態は、善玉菌が少し多い状態ですが、幅広い世代で便秘は悩みの種です。では、どうして便秘になるほど腸内環境が悪くなるのでしょうか?

 

その原因は、便秘、老化、食生活、ストレスなどが考えられます。悪玉菌が多ければ、便秘になりますが、便秘は腸内腐敗を引き起こし、更に状態を悪化させます。また、加齢に伴って腸が老化すると、悪玉菌が増加します。

 

そして、食べたものは腸へと運ばれるので、一番の原因は食生活にあります。バランスの欠いた食事やスナック菓子は、善玉菌を減らします。特に肉は腸内で悪玉菌のエサになり、ガスや便の悪臭を引き起こします。

 

ストレスは胃だけではなく、腸にも便秘、下痢、腹痛といった症状を起こす原因になります。それでは、腸内環境を改善するにはどのような方法があるのでしょうか?

 

一番の改善方法は、食生活を見直すことです。善玉菌が好む食事に改善することで、腸内の善玉菌を増やすことを目指します。そのためには、食物繊維が多く摂れる野菜中心の食生活を心掛けることが大切です。

 

食物繊維は、野菜、穀物、海藻、果物に多く含まれ、腸を良い状態へと改善します。また日本ならではの、漬物や味噌、納豆といった発酵食品を取り入れるのも改善方法につながります。甘味料を使うなら、オリゴ糖がおすすめです。

 

腸にダイレクトに届き、善玉菌のエサになります。それから、適度な運動も改善方法の一つです。運動をすることで、腸の働きが活発化し、排便が促されやすくなります。また、便を押し出すにはある程度の腹筋力も必要なので、腹筋を鍛えるようなストレッチを取り入れてもよいでしょう。

 

そして、リラックスしていた方が腸の動きが活発化するので、日常生活の中でゆっくりと過ごせる時間を作ることも便秘の改善につながります。ストレスが原因で便秘や下痢を繰り返す場合も同様に、リラックスが改善のカギとなります。

 

自然に触れることのできる場所に出かけたり、気分転換にアロママッサージを受けたりすることもおすすめです。腸内環境が整っていると、体は快調で、肌の調子も良くなります。日頃から体に優しい食事、十分な睡眠と休息、適度な運動を心掛け、良い腸内環境を維持しましょう。

 

腸内デトックスをサポートしてくれるおすすめサプリ >>