MENU

腸内環境の改善と症状について

腸内環境悪化の症状として、酒さや赤ら顔があります。
酒のワードは入りますが、飲酒が原因ではありません。頬や鼻といったパーツの血液血管が拡張されて、皮膚が赤くなる症状です。
皮膚の薄い人や色白のタイプ、更年期の年代にもみられます。
腸内環境悪化の症状として、乾燥肌になることもあります。
肌と腸は密接なつながりがあることから、腸内環境が乱れてしまうと、皮膚への乾燥などのトラブルは避けては通れない問題になってきます。
便秘をそのままにすると、悪玉菌の働きはもっと加速します。
腸内では腐敗物が蓄積されますし、有害なガスの発生にもつながることになります。
便秘が日常的に慢性化している人は、腸管バリアも低下している状態です。
腸の外へ有害ガスが出ていき全身を巡りますから、皮膚の乾燥も余計にひどくなります。
腸内環境の悪化によって、肌にはニキビができやすくなります。
思春期に出てくるニキビとは異なり、アゴや頬を中心としてフェイスラインに繰り返し出来やすくなります。
健やかなお肌のためにも、健康のためにも、腸内環境は改善をしていく必要があります。
改善方法の一つとして、食事では食物繊維の多い食材を意識的に食べるようにします。
食物繊維には種類があって、不溶性食物繊維は腸を刺激して便通を促します。
水溶性食物繊維は有害物質を一緒に排出してくれますから、改善にはピッタリです。
腸内環境を改善するには、こまめに体を動かすことも必要です。